もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 12月 15日

歴史力を磨く 第5回
NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕

日本の教育を語る際に、「愛国心」というものをどう教えるのかという問題がある。確かに愛国心というものは、押し付けられて身につくというものではない。日本の歴史を学び、伝統文化に接することにより自然に養われていくものであろう。

『ロスノフスキ家の娘』というジェフリー・アーチャーの小説がある。アメリカのホテル王になったポーランド人アベルの娘、フロレンティナの物語である。彼女は学校へ行くと、「ダム・ポーラック」とポーランド人を蔑む言葉で馬鹿にされる。そこで父アベルはイギリスの有名な女学校の女性校長を娘の家庭教師として招くが、その教師はこう言う。「私はすべての学科を教えられます。しかし、ポーランドの歴史だけは教えられません。歴史というものは誇りを持って教えなければなりません。私はイギリス人ですからポーランドの歴史に誇りを持って教えることができるのはお父さん、あなただけです」と。

こう言われたアベルは毎朝30分の時間を割いて娘にポーランドの歴史を教え始める。強大なロシアやドイツに挟まれたポーランドが如何に苦難の道を歩んだか、如何に民族としての誇りを保ち有為の人材を輩出してきたかということを話した。娘はそれを聞きながら、自分がポーランド系であることに誇りを持つようになる。あるとき学校で歴史の試験があり、一番良い成績を取ったフロレンティナに同級生は、「ダム・ポーラックがいい成績を取った」と囃し立てるが、彼女は「ポーランドには長い歴史がある。あなたがたアメリカはたった200年の歴史しかない。長い歴史を持った私が、歴史の試験でいい成績を取るのは当然だ」と言うのである。その後彼女は祖国の誇りを胸に努力を重ね、アメリカ最初の女性大統領になるのだが、これは実に教訓的な小説だと思える。

国としてのポーランドが持つ世界での影響力は、アメリカやドイツと比較すれば小さいかもしれないが、人としての矜持、愛国心ということから見れば、どの国、どの民族も同じである。日本でも明治から敗戦までの教育では、こうした民族、同胞に対する誇りを伝え培う視点が大事にされていた。だが、敗戦後の占領政策では、そのような教育は完膚なきまでに否定され、「愛国心」という言葉自体も避けられ続けてきた。しかし、自分が生まれ育った故郷や地域、そこに伝わる伝統や文化などを愛おしく思う気持ちは、人として当然の心根である。自分たちが教え伝えられたものをしっかりと伝え、そこから育まれた心を目醒めさせることができれば、「日本人として生きる喜びや誇り」も自ずから感じられるようになると思うのである。
教育の未来はそこにある。
髙崎 康裕〈筆者プロフィル〉髙崎 康裕(たかさき・やすひろ)
ニューヨーク歴史問題研究会会⻑。YTリゾリューションサービス社⻑として、日系顧客を中心とした事業開発コンサルティング、各種施設の開発企画・設計・エンジニアリング・施⼯管理業務等を⼿掛けている。シミズディベロップメント社⻑、Dillingham Construction代表取締役、東北大学特任教授歴任。現東北大学総⻑特別顧問。著作に「建設業21世紀戦略」(日本能率協会)、「海外業務ハンドブック」(丸善)、 「海外プロジェクトリスクへの対応」(エンジニアリング振興協会)など多数。

〈過去の一覧〉


NY歴史問題研究会

〈コラム〉国を愛する心とは

歴史力を磨く 第5回 NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕 日本の教育を語る際に、「愛国心」というものをどう教えるのかという問題がある。確かに愛国心というものは、押し付けられて身につくというものではない。日本の歴史を学び、 […...
NY歴史問題研究会

〈コラム〉国家は誰のものか

歴史力を磨く 第4回 NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕 三島由紀夫が戦後25年目の、まさに彼が亡くなった年に遺した有名な言葉がある。昭和45年7月7日付の『産経新聞』に掲載されたものだ。 「私はこれからの日本に大して希 […...
NY歴史問題研究会

〈コラム〉かつてみた理想の社会

歴史力を磨く 第3回 NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕 日本人らしさや日本的なるものを一言で言うのは容易ではない。言葉よりも身近な事例で考える方が分かり易いのかも知れない。 例えば以前の日本人には明らかに節度と慎ましさ […...
おばあちゃま、世界を翔ぶ 龍村ヒリヤー和子

【連載】おばあちゃま、世界を翔ぶ-3 チべット情勢もダライ・ラマ様の事も全く知らず

龍村ヒリヤー和子〜情熱とコンパッションの半生記〜 第3回 ダライ・ラマ14世との出会い(1)NY公演を提案 日本人として初めてお会いしたダライ・ラマ14世とのことを聞きたいという方も多いので、その話をしましょうね。 きっ […...
NY歴史問題研究会

〈コラム〉日本の徳育と教育勅語

歴史力を磨く 第2回 NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕 人間の暮らしの中で、何が大切な価値観なのであろうか。皆が安心して幸せに暮らせる社会を創る上で必要なものは何なのであろうか。それは何も特別なことではなく、当たり前の […...
おばあちゃま、世界を翔ぶ 龍村ヒリヤー和子

【連載】おばあちゃま、世界を翔ぶ-2 演目選び、プロモーション、花道の工夫まで仕切る

龍村ヒリヤー和子〜情熱とコンパッションの半生記〜     第2回 「米国史上初の大歌舞伎公演 NY、シカゴ、LA」苦難と成功 NY公演を提案 1967年、文化交流の仕事をしようと思い立った頃に新安保条 […...
おばあちゃま、世界を翔ぶ 龍村ヒリヤー和子

【連載】おばあちゃま、世界を翔ぶ-1 少女のころの夢はピアニストかドクター

龍村ヒリヤー和子〜情熱とコンパッションの半生記〜 第1回 戦争、ピアノ、興行主になるまで 私の人生の話をするんだったら、せっかくですから、戦争の話でもしたらいいんじゃないかしら。今では世界中を飛び回っているから想像がつか […...
NY歴史問題研究会

〈コラム〉歴史の彼方の、凛然とした姿を求めて

歴史力を磨く 第1回 NY歴史問題研究会会長 髙崎 康裕 人は、未来に希望を託すことができると信じる時、生きる意欲と安堵を得る。人は誰でも皆、愛する者の未来の確かさを願い、故郷や祖国の繁栄とその基盤の堅固たることを願う。 […...
松本直子

〈コラム〉オーラが相手に伝わればチャンスも増える

あなたのパッションは何ですか?(後編) 幸せな結婚の見つけ方〜結婚ってやっぱりいいですよ〜 第11回 国際結婚の幸せプロデューサー 松本直子 【前編から続く】 登録されている米国人男性メンバーの方も、ご自身のパッションを […...
松本直子

〈コラム〉どんなことでも突出した経験や結果を相手にアピール

あなたのパッションは何ですか?(前編) 幸せな結婚の見つけ方〜結婚ってやっぱりいいですよ〜 第11回 国際結婚の幸せプロデューサー 松本直子 少し前にメンバーに登録された東海岸在住の米国人男性とスカイプを使ってコンサルテ […...