もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 10月 23日

旅行会社アムネット(中川扶二夫・代表取締役社長)

旅行会社アムネット(中川扶二夫・代表取締役社長)主催の「第38回 Amnet 和気愛逢いゴルフ大会」が5月20日、ニュージャージー州のリバーベールカントリークラブで10組総勢40人で開催された=提供写真。

当日、朝に小雨が降っていたが、開始時には雨も止み、次第に暖かくなりプレーのしやすい天候となった。男性161ヤード・女性146ヤードの4番ホールは、ホールインワンコースとして現金1万ドルが掛けられたが、残念ながらホールインワンは出なかった。

大会はアムネットスペシャルぺリア方式の合計6ホールの隠しホールを下にハンディキャップを算出する方式。誰にでも優勝のチャンスがあり、順位が発表されるまで分からない方式で一層盛り上がった。

賞品はカリブ海ペアファーストクラス航空券・世界どこでも航空券、米国国内航空券の他、ニューヨーク・日本のホテル宿泊券、各レストランのお食事券など豪華賞品が提供された。優勝は時事通信の内田倫男さん。そして、2位は八木通商の平戸拓さん、3位はアムネット社長夫人の中川清子さんが続いた。

最後は中川社長より、「このような大会が開催できるのも、日頃より多大なご支援をいただいている皆さまのおかげと感謝いたします。これからもお客さまにご満足いただけるよう社員一同努力してまいります」とあいさつ。タイトルのようにアムネットらしい“和気藹々(わきあいあい)”ゴルフ大会は今年も大盛況のうち閉幕した。

(2017年6月3日号掲載)


コスメプラウドUSA「秋のアンチエイジングセミナー」好評

頭皮と毛髪のための新商品紹介 ニューヨークセレブに愛され世界中で注目されている「コスメプラウドUSA」(荒木勝也社長)が6日、ミッドタウンで「秋のアンチエイジングセミナー」を開催、幅広い年齢層の50人を超える参加者が集っ […...

【NY歴史問題研究会 通信】vol. 3 明治の日本と日本人(2)乃木希典〈上〉

明治の日本を振り返り日本人とは何かを考える 第61回例会(9月例会) ニューヨーク歴史問題研究会は9月28日、第61回例会(9月例会)「明治の日本と日本人(2)乃木希典―自らの死で示した日本人への警鐘―」を開催した。乃木 […...

ソニー「Xperia L1」199ドルで発売!

在米の日本人に向け格安な携帯電話サービスを提供の「HanaCell」   在米の日本人に向け格安な携帯電話サービスを提供するハナセル(HanaCell)は、日本で人気の高いソニーXperia(エクスペリア)シリ […...

「スピードラーニング」米国に戻ってきた!

聞くだけの英語教材、デジタル化 10年の時を経て外国語教材を制作・販売する株式会社エスプリライン(本社・埼玉県川越市、代表取締役社長・大谷登氏)の、聞き流す英語教材「スピードラーニング」が米国に戻ってきた。 多くの著名ア […...
NY歴史問題研究会-第60回例会

【NY歴史問題研究会】第60回例会(8月例会)-その2

西岡力先生、髙橋史朗先生、山岡鉄秀氏が講演 ニューヨーク歴史問題研究会は8月24日、8月例会である第60回例会を開催。前回(9月9日号掲載)の西岡力・麗澤大学客員教授の講演に続き、今回は髙橋史朗・明星大学特別教授、山岡鉄 […...
イオナックのシャワーヘッド

肌や髪の悩みを洗い流そう

水の成分を変化させたイオナックのシャワーヘッド 「水」が肌や髪のトラブルのもとに 「肌がカサつく」「髪がゴワつく」「頭皮が痒(かゆ)い」「フケが出る」など、肌や髪の悩みは人それぞれ。化粧水やシャンプーに気を使う人が多いが […...
西岡力・麗澤大学客員教授

【NY歴史問題研究会】第60回例会(8月例会)-その1

西岡力先生、髙橋史朗先生、山岡鉄秀氏が講演 ニューヨーク歴史問題研究会は8月24日、8月例会である第60回例会を開催した。今回は西岡力・麗澤大学客員教授、髙橋史郎・明星大学特別教授、山岡鉄秀・モラロジー研究所研究員の3講 […...

NYファイナンシャル道場、「人事問題ワークショップ」好評

変化に伴う「採用戦略」とPaid Family Leaveを解説     人事コンサルタント会社「SolPortum」代表で、保険会社「Aflack」の契約エージェント、小楠仁啓さんが8日、ニューヨー […...

ibecのビールイベント、盛況

「ニューヨーカー直伝! この夏、知っておきたいビールの種類と楽しみ方」 語学教育と国際人材研修センター「アイベック(ibec)」が7月21、27、29日、「ニューヨーカー直伝! この夏、知っておきたいビールの種類と楽しみ […...

ニューヨーカーに築地の魚介類を提供

より良い材料と魚介類を求めて、日本へ 「竹寿司」川田隆三郎さん     「日本に飛んで、築地に自分で行って仕入れしています」と、まるでたやすいことのように笑顔で語るのは、クイーンズ地区サニーサイドの寿 […...