もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 06月 27日

NY倫理友の会「年次総会」で演奏

懐かしく、ほっとする選曲に

1011-15men-ooe_pic

インタビューに答える大江千里さん

ニューヨーク倫理友の会の「第14回年次総会」(11月4日開催)にゲスト奏者として招かれ演奏するジャズピアニストの大江千里さん。
人気シンガーソングライターとしての大きな成功から一変、7年前、保証もなくニューヨークでジャズピアニストとしての新しい人生をスタートさせた千里さん。
「やっと少し慣れて勝手が分かってきましたが、また新たに分からないことが見つかって…その繰り返しですね」と笑う。ジャズについても同じ。分かれば分かるほど逆に迷うことも。「時間がかかりますよね、一生涯勉強し続けるのだと思います。」
必ず前に進んでいるのだから諦めてはいけない、と続ける。「CDを発売した1、2年前と比べれば、確実に進化している。毎日の進歩は亀の歩みであっても、それが8年分積み重なれば、大きな進化。信じてやりしかないですね。(笑)」
安定を保証された日本に戻りたいという気持ちはと尋ねると「無いですね」と即答する。
日本にいたころ、マネジャーがこなしていた雑務やレーベルの仕事なども今は全てを自身がこなす。リスクも苦しみも多いが「未体験の物事から得る新鮮な驚き、喜び」が刺激になる。「明日どうなっているか、正直分からないし、大変なこともたくさん経験したが、それでも毎日充実感がありますねぇ」と笑う。
ヒット作を作り、ファンの期待に答えていく―。“人気ポップアーティスト”として世間の「求められている曲想を裏切れない」日々だった日本での生活に比べ、こちらでの生活は制約がない。だからこそ、「書ける可能性がある曲はどんどん書いて、自分の新しい可能性を、どんどん開いていきたい」
「求めていた生活を送れている」。今の人生は送り出してくれた日本のファンやニューヨークで出会った音楽仲間のおかげ。「日々、感謝です!」
倫理友の会のパフォーマンスには季節感を盛り込みたい、と話す。ジャズを演奏する中にも和音階を随所に盛り込むなど「懐かしく、ほっとする選曲にしたい。寒くなる時期ですが、心は温かくなるような、そんな時間をお届けします」

◇ ◇ ◇

 大江千里(おおえ せんり) ジャズピアニスト 1960年9月6日大阪生まれ。3歳のときにクラシックピアノを始め、習っていた先生の勧めで即興演奏を始める。関西学院大学経済学部4年時の83年5月21日、デビューアルバム「WAKUWAKU」をリリース。3枚目の「未成年」をはじめ、「AVEC」「OLYMPIC」「1234」などゴールド・デイスクを受賞したアルバムは数知れず。作家としては、光ゲンジ「太陽がいっぱい」、松田聖子「パールホワイト・イブ」、渡辺美里「10 years」、など。
公式サイト:senrioe.blog.so-net.ne.jp/、www.facebook.com/senri.oe2

(「WEEKLY Biz」(ニューヨーク)2014年10月11日号掲載)


「むさび展」開催

第3回武蔵野美術大学校友会アメリカ支部 武蔵野美術大学は2009年に創立80年を迎え、米国に在住する卒業生や大学の交流を図るため、ニューヨークにアメリカ支部が開設された。12年に設立され、今回が3回目で支部展の開催となる […...
田村麻子

〈ピープル〉ソプラノ歌手 田村麻子さん

「歌っていいな、と思っていただけたら」 11月10日、NY倫理友の会総会で歌声披露 たむら・あさこ ソプラノ歌手 東京藝術大学大学院修士課程修了。ニューヨーク・マネス音楽院首席卒業。2002年「3大テノール・コンサート」 […...
Ohana ArtsのExecutive & Co-Artistic Director and Co-Founderのジェニー・タイラさん(右)とCo-Artistic Director & Co-Founderのローリー・ルビンさん

「原爆の子の像」のモデルとなった少女のミュージカル、NYで公演

音楽通じ世界に「平和」の大切さを広げたい 〈インタビュー〉ディレクター ジェニー・タイラさんに聞く 「ピース・オン・ユア・ウィングス」9月9日・10日公演   オバマ米大統領訪問の記憶も新しく、今月6日に原爆の […...

〈ピープル〉「映画撮影の本場、ハリウッドへ」

文化庁新進芸術家海外研修制度フェローで来春、米国へ 映画撮影監督 定者如文さん   芸術家の間ではよく知られた国費による芸術家派遣制度が日本にある。文化庁の「新進芸術家海外研修制度」だ。この制度を利用して自らの […...
ジャパン・ソサエティー

女児の健康と幸せを願う「ひな祭りを祝おう」を開催

「桃の節句」にちなんだファミリー・プログラム ジャパン・ソサエティー(JS)は3月6日(日)、女児の健康と幸せを願う「桃の節句」にちなんだファミリー・プログラム「ひな祭りを祝おう」を開催する。 会場には伝統的な五段と七段 […...

〈ピープル〉アートディレクター 澤入優介さん

「スキルを向上させつつ恩返しがしたい」 グローバル企業を相手に活躍 「趣味が仕事なんです」と笑顔を見せる澤入優介さん。ニューヨークで有名企業を相手に、デザインからブランディング、ウェブディレクションまで幅広く手掛け、目ま […...

〈インタビュー〉ビオラ奏者、バイオリン教師 福田千尋さん

〝子供たちの人生助けていく宝〟バイオリン通じ教えたい マンハッタンでバイオリン教室主宰 「ニューヨークで子育て中の家族のための日本語バイオリン教室」というキャッチフレーズでマンハッタンでバイオリン教室を主宰している福田千 […...

〈ピープル〉日本、米国、アジアで“作品”残す 建築デザイナー 佐藤タカヒロさん

日本生まれのデザイン、NYから世界へ 日本を飛び出し、ニューヨークへ渡るアーティストたちは多い。しかしそこから夢を実現することは、決してやさしいことではない。日本、ニューヨーク、そして世界の街に、一つ一つ自分の“作品”を […...

〈インタビュー〉映画監督 加藤直輝 氏 映画「2045 Carnival Folklore」シアトル国際映画祭で上映

映像と音響の「体験」で国境を超えたい 米国最大の映画祭の一つ、シアトル国際映画祭(SIFF)に「2045 Carnival Folklore」が出品される。同作品は「アブラクサスの祭」で知られる加藤直輝監督の最新SF映画 […...

〈インタビュー〉ジャパン・ソサエティー理事長 櫻井本篤氏に聞く

来月14日開催 NY倫理友の会 「春のランチョン」ゲストスピーカー  NPOだからこそできること 信念に基づき改革に挑む ニューヨーク倫理友の会(理事長・リンゼイ芥川笑子)主催の「春のランチョン」(5月14日)にゲストス […...