もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 08月 21日

1004-27men-_FCI9717

菅佐知子さん。2003年アジアクラシック音楽コンサート優秀賞。11年ショパン・コンクール in アジアプロフェッショナル部門ブロンズメダル。14年から活動拠点をニューヨークに移す

11月にNYで初ソロリサイタル

音楽はいつも共にある

「体力的、精神的ともにとてもタフな職業ですから、ピアニストであることが幸せか、と聞かれると答えるのが難しい。でも、弾き終わるとやっぱりこれからも弾きたいと思うんです」と話す菅佐知子(すが・さちこ)さん。
幼稚園から高校までを日本を代表する名門音楽校の一つ、国立音楽大学の付属校で過ごした。音楽は常に共にあって「生活の一部、体の一部、人生の一部」だという。
大学時代、ドイツに留学し、リューベック音楽大学演奏家コースでピアノを専攻。その後、ロストック国立音楽大学大学院に進んだ。修了の際、大学教育の枠内で卓越した能力の学生や卒業生に授与される国家演奏家資格(Konzertexamen)を獲得。これは優秀な学生だけが受けられる称号で、ドイツの芸術大学で芸術家として取得できる最高の資格とされている。
多くのピアニストを輩出するドイツで高い評価を得て、日本に帰国した菅さん。プロのピアニストして活動し、今年はじめにニューヨークに移り住んだ。
◇ ◇ ◇
ニューヨークを新たな活動の場に選んだのは、3年前、ニューヨークで開催された「Women of Asia Arts Initiative Concert」に出演したことがきっかけだった。
ニューヨークの観客の熱狂的で温かい拍手に、ここで新たな挑戦をしたいと感じたという。
11月25日、移住後初となるソロリサイタルを開催、ベートーベンのピアノソナタ「月光」、ショパンの「ワルツ」、「ノクターン」、ドビュッシーの「月の光」、ゲストにバイオリニストの徳永慶子さんを迎え、フランクの名曲「ピアノとバイオリンのためのソナタ」を演奏する。
真にコンサートを楽しめる環境とは、「心待ちにする楽しさがあり、その瞬間の楽しみ、聴き終わった後、余韻を楽しむ」ことが必要不可欠であるという。忙しい現代社会では整いにくいこの環境にずっとこだわってきた。「生まれながらにして声というナチュラルな楽器を持っている私たちの生活に、音楽が遠い存在であってほしくない。音楽の世界の扉のドアノブは身近にあるということを感じてもらえるリサイタルにしたい」と菅さんは話す。

コンサート情報
日時:11月25日(火)開演 午後7時
会場:Audition Recital Hall at the National Opera Center America
住所:330 7th Ave, 7FL, NYC(bet 28th & 29th St)
www.operaamerica.org/operacenter
料金:30ドル(学生15ドル)
チケット・問い合わせ:
www.sachikosuga.com
またはinfo@sachikosuga.comにメール

初心者から上級者まで レッスン受け付け中
初心者から上級者まで対応可能なピアノレッスンも受け付けている。教室は、地下鉄1、2、3線の72st 駅下車すぐのスタジオ。問い合わせはEメール(info@sachikosuga.com)で。
(「WEEKLY Biz」(ニューヨーク)2014年10月4日号掲載)

1004-27men-suga-Scan0066

日本国内で発売中のファーストCD「月の光」。米国での販売はメールで要問い合わせ

 

 


「むさび展」開催

第3回武蔵野美術大学校友会アメリカ支部 武蔵野美術大学は2009年に創立80年を迎え、米国に在住する卒業生や大学の交流を図るため、ニューヨークにアメリカ支部が開設された。12年に設立され、今回が3回目で支部展の開催となる […...
田村麻子

〈ピープル〉ソプラノ歌手 田村麻子さん

「歌っていいな、と思っていただけたら」 11月10日、NY倫理友の会総会で歌声披露 たむら・あさこ ソプラノ歌手 東京藝術大学大学院修士課程修了。ニューヨーク・マネス音楽院首席卒業。2002年「3大テノール・コンサート」 […...
Ohana ArtsのExecutive & Co-Artistic Director and Co-Founderのジェニー・タイラさん(右)とCo-Artistic Director & Co-Founderのローリー・ルビンさん

「原爆の子の像」のモデルとなった少女のミュージカル、NYで公演

音楽通じ世界に「平和」の大切さを広げたい 〈インタビュー〉ディレクター ジェニー・タイラさんに聞く 「ピース・オン・ユア・ウィングス」9月9日・10日公演   オバマ米大統領訪問の記憶も新しく、今月6日に原爆の […...

〈ピープル〉「映画撮影の本場、ハリウッドへ」

文化庁新進芸術家海外研修制度フェローで来春、米国へ 映画撮影監督 定者如文さん   芸術家の間ではよく知られた国費による芸術家派遣制度が日本にある。文化庁の「新進芸術家海外研修制度」だ。この制度を利用して自らの […...
ジャパン・ソサエティー

女児の健康と幸せを願う「ひな祭りを祝おう」を開催

「桃の節句」にちなんだファミリー・プログラム ジャパン・ソサエティー(JS)は3月6日(日)、女児の健康と幸せを願う「桃の節句」にちなんだファミリー・プログラム「ひな祭りを祝おう」を開催する。 会場には伝統的な五段と七段 […...

〈ピープル〉アートディレクター 澤入優介さん

「スキルを向上させつつ恩返しがしたい」 グローバル企業を相手に活躍 「趣味が仕事なんです」と笑顔を見せる澤入優介さん。ニューヨークで有名企業を相手に、デザインからブランディング、ウェブディレクションまで幅広く手掛け、目ま […...

〈インタビュー〉ビオラ奏者、バイオリン教師 福田千尋さん

〝子供たちの人生助けていく宝〟バイオリン通じ教えたい マンハッタンでバイオリン教室主宰 「ニューヨークで子育て中の家族のための日本語バイオリン教室」というキャッチフレーズでマンハッタンでバイオリン教室を主宰している福田千 […...

〈ピープル〉日本、米国、アジアで“作品”残す 建築デザイナー 佐藤タカヒロさん

日本生まれのデザイン、NYから世界へ 日本を飛び出し、ニューヨークへ渡るアーティストたちは多い。しかしそこから夢を実現することは、決してやさしいことではない。日本、ニューヨーク、そして世界の街に、一つ一つ自分の“作品”を […...

〈インタビュー〉映画監督 加藤直輝 氏 映画「2045 Carnival Folklore」シアトル国際映画祭で上映

映像と音響の「体験」で国境を超えたい 米国最大の映画祭の一つ、シアトル国際映画祭(SIFF)に「2045 Carnival Folklore」が出品される。同作品は「アブラクサスの祭」で知られる加藤直輝監督の最新SF映画 […...

〈インタビュー〉ジャパン・ソサエティー理事長 櫻井本篤氏に聞く

来月14日開催 NY倫理友の会 「春のランチョン」ゲストスピーカー  NPOだからこそできること 信念に基づき改革に挑む ニューヨーク倫理友の会(理事長・リンゼイ芥川笑子)主催の「春のランチョン」(5月14日)にゲストス […...