もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 12月 11日

幅広い法領域カバーできる弁護士らがチームとなってどんな相談にも対応

0308-12men-Miki_MIK9952

「全員合わせて、経験100年以上」のベテランぞろい。全ての法律相談に、日本語で対応可能

訴訟社会と呼ばれる米国で、ビジネスや暮らしを営む上で欠かせないのが、法律の専門家の存在。ビザ取得時、トラブルに見舞われた時、不動産購入時、会社設立時などのさまざまな場面で、信頼できる“かかりつけ”の法律事務所があると心強い。
今回紹介するのは、ニューヨークのグランドセントラル駅至近に事務所を構える、「Miki Dixon & Presseau, PLLC, (三木・ディクソン・プレソー法律事務所)」。昨年設立された新しい法律事務所ではあるが、ここには、高度な専門性を要する法律業務を長年扱ってきたプロフェッショナルが集っている。
弁護士の三木克己氏は移民法を専門とし、ビザや永住権の取得手続き、企業の米国進出支援などを手掛けた22年の実績を持つ。マリアン・ディクソン弁護士は20年間、契約法や商法、不動産取引の分野で経験を積んできた。マシュー・英一・プレソー弁護士は民事訴訟をはじめ、相続や雇用法、商法などの分野で13年の経験を持ち、日本語も堪能。ケビン・ムーア弁護士は民事訴訟分野で36年の経験を持ち、会社法、契約法、一般商取引や建設分野に精通。茂木紀子氏は、日米合わせて10年の弁護士経験を持ち、国際商取引や企業の米国進出支援を行っている。
「私たちの強みは、幅広い法領域をカバーできる弁護士たちがチームとなり、お客さまのどんなご相談にもワンストップでお応えできること。会計士や税理士、不動産仲介業者など多様な専門家ともネットワークを持ち、暮らしやビジネスを一括サポートします」と茂木弁護士は語る。
大企業が密集するニューヨークでは、個人や中小企業の法律相談は優先順位を下げられるといった問題が起こりがち。しかし同事務所は“パーソナルサービス”を重視し、案件規模にかかわらず、1件1件の相談に丁寧に対応。個々人の立場に立ったきめ細やかなサービスが顧客から評価され、「訴訟前の段階で、経験豊富な弁護士から訴訟の進め方や勝率の説明を受けられるので心強い」「用意すべき書類や、作成方法まで細やかに教えてくれるから安心」と感謝の声が届く。
気になる費用は、安心の明朗会計。「最初に費用を提示し、ご納得いただいた上で進めますので『知らない間に費用がかさんでいた』ということはありません。まずはお気軽にご相談ください」と、三木弁護士は語る。
〈情報〉三木 ディクソン&プレソー法律事務所
【住所】122 East 42nd Street, Suite 2515 NY, NY
【電話】212-661-1010
【ウェブ】mdp-law.com/
(「WEEKLY Biz」2014年3月8日号掲載)


Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉NY市のACRISシステムと不動産記録のオンライン閲覧

NY市のACRISシステムと不動産記録のオンライン閲覧 ニューヨーク市はマンハッタン、ブルックリン、クイーンズとブロンクスにおける1966年以降の様々な不動産記録をオンラインで調べることができるAutomated Cit […...

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について ②

アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 前回(1月14日号掲載)に引き続き、その内容についてご紹介します。 新たなグレースピリオド(猶予期間)について 外国籍者がE、H|1B、H|1B1、 […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉召喚状を受けたら

召喚状 事訴訟または刑事訴訟の当事者でなくても、ある日突然、個人又は会社が召喚状(Subpoena/サッピーナ)を受ける側に立つ場合があります。 召喚状とは、個人又は会社に対して、法廷やその他の訴訟手続きにおいて、係争中 […...

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について

2017年1月17日施行の新規則について アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 概要としては、非移民ビザ労働者の雇用の前後にグレースピリオド(猶予期間)を設置、永住権申請の最終段階申請で […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉日本人が米国内で起業するには(2)

LLCと言われる有限責任会社(Limited Liability Company)について 前回(12月3日号掲載)は個人自営業とパートナーシップについてお話ししました。今回は、一般にLLCと言われる有限責任会社(Lim […...

〈コラム〉トランプ氏の当選と移民 [L]

アメリカの移民法は確実に重要な変更がなされ、大統領選挙当選を果たしたドナルド・トランプ政権の重要な課題となるでしょう。技能を持った移民に対する反復的なサポートがいくつかなされてきましたが、これまでのトランプ氏のほとんどの […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉オフィス又は店舗の施工プランの注意事項

スペースプランニングには時間がかかるもの オフィスや小売店舗スペースのリース契約の締結する前に改築、増築、改修工事、看板設置等の施工プランを準備・完成し、できる限り家主の承認を得ておくのが良いでしょう。テナントの施工プラ […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉負債取立業者とは

脅すような方法や駆け引きで負債の取立は禁止 当事務所には負債取立業者(debt collector)から未払いの請求に関する電話や手紙を受け取った方からの問い合わせがよくあります。もし心当たりがない場合は、identit […...

〈コラム〉Eビザという選択肢(Part 1)

アメリカに来る人にとって、一つの選択肢 ある特定の国から、アメリカで働く、投資する、ビジネスを起こすといった目的でアメリカに来る人にとって、一つの選択肢として考えられるのがEビザです。本記事ではE―1、E―2ビザについて […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉屋号又は商号(DBA)を使用して事業をする場合の注意事項

「屋号証明書」を届出、ニューヨーク州に登録をする義務 ニューヨーク州法では、C法人、LLC又はLLP等の企業体は、ニューヨーク州(New York State Department of State)に登記した会社名を使 […...