もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 10月 23日

アメリカの移民法は確実に重要な変更がなされ、大統領選挙当選を果たしたドナルド・トランプ政権の重要な課題となるでしょう。技能を持った移民に対する反復的なサポートがいくつかなされてきましたが、これまでのトランプ氏のほとんどの発言を見ると、アメリカへの外国籍者入国の際の審査の増加、外国人労働者の認可の抑制、外国人労働者に対する雇用者の義務の増加に関するものがほとんどでした。

トランプ氏のウェブサイトでは、アメリカにおけるメリット、技術そして成功の可能性に基づいて移民を選択することを支援しています。しかしながら、アメリカ人労働者の雇用を優先する移民規制を求めてきました。彼は、H|1Bプログラムの改革を提唱してきましたが、いまだ具体的な提案はしていません。トランプ氏は、アメリカと協定国間における、移民の合理化を図る条項が含まれる主要な協定の再交渉や撤回を求めるとも述べてきました。

またトランプ氏は雇用ベースの非移民ビザと永住権の申請を含む、ビザやグリーンカードの申請の審査を強化し、より優れた管理を奨励するとしています。また、適切な審査が保証されない国では、ビザ発給を一時的に停止することについても明確に支持しています。ただし、移民法のほとんどの変更には議会の承認が必要であり、数年とは言わなくとも、実施までには数カ月は要すという点も重要です。

またトランプ氏が、非公式の人口に対して大きなメスを入れると約束していることも懸念されます。彼は200万から300万人の人を国外追放すると約束しています。そのようなことをしようとすれば、私たちの都市には機関銃が必要となるでしょう。またそのようなことになれば大都市の支援が必要となるでしょうし、その前にカリフォルニアやニューヨークのような州で止められるかもしれません。我々はこれらの大都市の市長たちがそれぞれの地域社会への攻撃に抵抗すべく、最善を尽くすことを願っています。いずれにしてもトランプ政権には、このような業務の遂行には数年はかかると思われます。

そうなると、現在合法的にアメリカに滞在する移民をターゲットにする方が簡単と言えます。移民へ影響を及ぼす重要なポジション、司法長官、国務長官、アメリカ移民局(USCIS)長官、米国移民・関税執行局(ICE)長官、入国管理局(CBP)長官、といったポジションが、反移民派イデオロギーや完全な人種差別派の人で占められたりすることも考えられます。さもなければ移民自体、もしくはアメリカに合法的に存在する人たちへの広く甚大な打撃が最も簡単な方法だと考えられます。共和党は、単に都市の移民コミュニティや雇用者を必要としないといった決定をするかもしれません

我々のわずかな望みは、次期大統領となるトランプ氏自身、ビジネスマンであり、技術の有無にかかわらず多くの移民、非移民を雇用してきました実績があります。そして彼の妻自身が元H|1B保持者であり移民であるということです。彼が積極的に合法移民について検討し、高度な技術を持った労働者やアメリカに投資しようとする企業に対して実際に利益をもたらすような変化を提案することが私たちの願いです。
(次回は1月14日号掲載)

 

〈今週の執筆事務所〉
シンデル法律事務所
 108 W. 39th St., Suite800 NYC
Tel:212-459-3800
Email:ny@swlgpc.com
Web:www.sindelllaw.com

過去一覧


Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉NY市のACRISシステムと不動産記録のオンライン閲覧

NY市のACRISシステムと不動産記録のオンライン閲覧 ニューヨーク市はマンハッタン、ブルックリン、クイーンズとブロンクスにおける1966年以降の様々な不動産記録をオンラインで調べることができるAutomated Cit […...

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について ②

アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 前回(1月14日号掲載)に引き続き、その内容についてご紹介します。 新たなグレースピリオド(猶予期間)について 外国籍者がE、H|1B、H|1B1、 […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉召喚状を受けたら

召喚状 事訴訟または刑事訴訟の当事者でなくても、ある日突然、個人又は会社が召喚状(Subpoena/サッピーナ)を受ける側に立つ場合があります。 召喚状とは、個人又は会社に対して、法廷やその他の訴訟手続きにおいて、係争中 […...

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について

2017年1月17日施行の新規則について アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 概要としては、非移民ビザ労働者の雇用の前後にグレースピリオド(猶予期間)を設置、永住権申請の最終段階申請で […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉日本人が米国内で起業するには(2)

LLCと言われる有限責任会社(Limited Liability Company)について 前回(12月3日号掲載)は個人自営業とパートナーシップについてお話ししました。今回は、一般にLLCと言われる有限責任会社(Lim […...

〈コラム〉トランプ氏の当選と移民 [L]

アメリカの移民法は確実に重要な変更がなされ、大統領選挙当選を果たしたドナルド・トランプ政権の重要な課題となるでしょう。技能を持った移民に対する反復的なサポートがいくつかなされてきましたが、これまでのトランプ氏のほとんどの […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉オフィス又は店舗の施工プランの注意事項

スペースプランニングには時間がかかるもの オフィスや小売店舗スペースのリース契約の締結する前に改築、増築、改修工事、看板設置等の施工プランを準備・完成し、できる限り家主の承認を得ておくのが良いでしょう。テナントの施工プラ […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉負債取立業者とは

脅すような方法や駆け引きで負債の取立は禁止 当事務所には負債取立業者(debt collector)から未払いの請求に関する電話や手紙を受け取った方からの問い合わせがよくあります。もし心当たりがない場合は、identit […...

〈コラム〉Eビザという選択肢(Part 1)

アメリカに来る人にとって、一つの選択肢 ある特定の国から、アメリカで働く、投資する、ビジネスを起こすといった目的でアメリカに来る人にとって、一つの選択肢として考えられるのがEビザです。本記事ではE―1、E―2ビザについて […...
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉屋号又は商号(DBA)を使用して事業をする場合の注意事項

「屋号証明書」を届出、ニューヨーク州に登録をする義務 ニューヨーク州法では、C法人、LLC又はLLP等の企業体は、ニューヨーク州(New York State Department of State)に登記した会社名を使 […...