もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 06月 24日

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について ②

アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 前回(1月14日号掲載)に引き続き、その内容についてご紹介します。 新たなグレースピリオド(猶予期間)について 外国籍者がE、H
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉召喚状を受けたら

召喚状 事訴訟または刑事訴訟の当事者でなくても、ある日突然、個人又は会社が召喚状(Subpoena/サッピーナ)を受ける側に立つ場合があります。 召喚状とは、個人又は会社に対して、法廷やその他の訴訟手

〈コラム〉2017年1月17日施行の新規則について

2017年1月17日施行の新規則について アメリカ移民局は2017年1月17日施行の新規則について発表しました。 概要としては、非移民ビザ労働者の雇用の前後にグレースピリオド(猶予期間)を設置、永住権
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉日本人が米国内で起業するには(2)

LLCと言われる有限責任会社(Limited Liability Company)について 前回(12月3日号掲載)は個人自営業とパートナーシップについてお話ししました。今回は、一般にLLCと言われる

〈コラム〉トランプ氏の当選と移民 [L]

アメリカの移民法は確実に重要な変更がなされ、大統領選挙当選を果たしたドナルド・トランプ政権の重要な課題となるでしょう。技能を持った移民に対する反復的なサポートがいくつかなされてきましたが、これまでのト
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉オフィス又は店舗の施工プランの注意事項

スペースプランニングには時間がかかるもの オフィスや小売店舗スペースのリース契約の締結する前に改築、増築、改修工事、看板設置等の施工プランを準備・完成し、できる限り家主の承認を得ておくのが良いでしょう
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉負債取立業者とは

脅すような方法や駆け引きで負債の取立は禁止 当事務所には負債取立業者(debt collector)から未払いの請求に関する電話や手紙を受け取った方からの問い合わせがよくあります。もし心当たりがない場

〈コラム〉Eビザという選択肢(Part 1)

アメリカに来る人にとって、一つの選択肢 ある特定の国から、アメリカで働く、投資する、ビジネスを起こすといった目的でアメリカに来る人にとって、一つの選択肢として考えられるのがEビザです。本記事ではE―1
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉屋号又は商号(DBA)を使用して事業をする場合の注意事項

「屋号証明書」を届出、ニューヨーク州に登録をする義務 ニューヨーク州法では、C法人、LLC又はLLP等の企業体は、ニューヨーク州(New York State Department of State)
Richard-Newman

〈コラム〉米国国務省、17年度永住権DV抽選当選者発表

抽選に当選した場合、その事実が唯一確認できるのは公式サイト 毎年、米国国務省はDV抽選を通じ5万移民ビザ(グリーンカード)を発行します。通常は秋にオンライン申請を行います。2017年度の申請期間は20

〈コラム〉スポーツにおける固有リスクの想定 ~Assumption of Risk~

損害賠償責任を問われないケースとは 「アスリートはできる体に生まれる事が大前提」という「(努力云々より)生まれ持った才能が全て」という意見を述べ、努力をひたすら過大評価し、精神論に酔う人から非難を受け
Richard-Newman

〈コラム〉USCIS 2017年度のH―1Bキャップ到達

4月9日にコンピューターによる抽選を実施 2016年4月7日、2017年度(2016年10月1日〜2017年9月30日)のH―1B申請数が上限枠(キャップ)に到達、23万6000件もの申請を受け取りま
Richard-Newman

〈コラム〉STEM向けOPTの規則、5月10日に実効

17カ月から24カ月に拡大など 2016年3月11日、米国国土安全保障省(DHS)は、米国の大学のSTEM学位を有する特定の学生向けオプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)に関する現在のF
Richard-Newman

〈コラム〉H―1Bビザの申請は4月1日に開始

申請数はすぐに枠に達することが予想 米国市民権・移民業務局(USCIS)は、2016年4月1日から、2017年度のH―1Bビザ申請の受付を開始します。資格審査の処理に向けて受理されるH―1Bビザの数は
Richard-Newman

〈コラム〉ビザ免除プログラムの強化について

ESTAの申請を変更 ビザ免除プログラム(VWP)は、日本を含む38カ国の市民に、ビザなしで米国に渡航することを許可するもので、年に2千万人の渡航者があります。テロリスト、重度の犯罪者や潜在的に危険な
Richard-Newman

〈コラム〉F―1ビザの学生の方々:OPTとSTEMの延長について

STEMの延長の資格のある学位のリストはオンラインで確認可 長年にわたり、F―1ビザの学生は、その学んだ分野に関連するトレーニング、インターン、または雇用を目的として、学位を取得した後に12カ月間米国
Richard-Newman

〈コラム〉2017年のDVビザの抽選について

5万件のグリーン・カードが準備 2017年の移民多様化ビザ抽選プログラム(DVビザの抽選)のインストラクションが発表されました。DVビザの抽選は、歴史的に米国への移民の率が低い国から選ばれた人たちにグ
Richard-Newman

〈コラム〉ビザ・ブルティンに関する重要な変更について

グリーンカードの申請に影響 9月9日、米国国務省と市民権・移民業務局(USCIS)は、家族ベースあるいは雇用ベースの移民(永住)ビザの処理を待っている個人が、そのプライオリティ・デートが出てくる(「カ

〈コラム〉Yellowstone Injunction

礒合法律事務所「法律相談室」 今年の6月にメリーランド州のとある夫婦が家を購入した後にヘビが蔓延っている事を発見し、その事実を事前に開示しなかったことを理由として前所有者や物件仲介者等を相手取った損害

〈コラム〉H―2Bビザ保持者への賃金支払​いについて

米国連邦第三巡回裁判所による最近のケースに「Comite de Apoyo a los Trabajadores Agricolas(CATA)v. Perez」があり、本ケースの最終判決は興味深いも
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉商業リース契約:リース開始日とリース期限満了日が明確にされた手紙(確認書)

別途に確認書を当事者の間で交わす事が最良 商業リース契約には特定のリース開始日と期限満了日が有るのが一般です。 しかし、多くの商業リース契約は、テナントが賃貸スペースに入居出来る前の家主の準備作業等が
Richard-Newman

〈コラム〉F-1ビザ、L-1Bの最新情報

F-1ビザの学生の扶養家族がパートタイムで学校に行くことが可能に 米国国土安全保障省は最近その規則を改正し、米国内に滞在するF-1ビザを保有する非移民の学生の配偶者と子供がパートタイムの学習プログラム

〈コラム〉Yellowstone Injunction

礒合法律事務所「法律相談室」 ニューヨーク州では「商業」物件賃貸契約における契約不履行を理由とした大家による契約途中解約の危機に陥った「商業」テナントには通常「Yellowstone Injuncti

〈コラム〉看護師のH―1Bビザについて

この度、米国移民局は看護職がH―1Bビザの「専門的職業」の基準を満たしているか否かを述べたメモを公表しました。 H―1B申請に重要な必要要件の一つは申請者が申請ポジションに対して関連した最低4年生大学
Miki Dixon & Presseau 法律事務所

〈コラム〉商標登録

キーは、通商における「使用」と「継続使用」 英語で一般にトレードマークとよばれる「商標」は、特定の商品やサービスの根源を特定し、他の商品やサービスと区別をつける役割を担います。トレードマークの一番の要
Richard-Newman

〈コラム〉H―1Bビザ最新情報

延長申請のプレミアム処理が一時的に停止 米国市民権・移民業務局(USCIS)は、2015年5月26日から、H―1Bビザの非移民のH―4ビザを保持する特定の配偶者に労働許可の資格を拡大することになります

〈コラム〉州外法人に対する管轄権

礒合法律事務所「法律相談室」 今月ニューヨーク州ウエストチェスター地区で民家の裏庭から燃料タンク(heating oil tank)の撤去中にタンクが爆発し作業員が死亡しました。本来この種の燃料タンク

〈コラム〉オンライン管理されているI―94

皆さんの多くが既にご存知かと思いますが、外国人がアメリカへ入国する際、入国記録や滞在ステータス、滞在期間を記したI―94が必要となりますが、現在では全ての空路、航路において紙媒体によるI―94の発行が
Richard-Newman

〈コラム〉ビザ最新情報

●H―4ビザの配偶者の労働許可について 米国市民権・移民業務局(USCIS)は、2015年5月26日から、H―1Bビザの非移民のH―4ビザを保持する特定の配偶者に労働許可の資格を拡大することになります

〈コラム〉埋もれた燃料タンク 

礒合法律事務所「法律相談室」 今月ニューヨーク州ウエストチェスター地区で民家の裏庭から燃料タンク(heating oil tank)の撤去中にタンクが爆発し作業員が死亡しました。本来この種の燃料タンク