もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 05月 30日

今までの曲とこれから生まれる曲を世界に精一杯届けたい

「ガチ!」BOUT. 234

 

藍井エイル

 

圧巻の歌唱力と、クールビューティーなビジュアルを武器に、今、最も勢いに乗る要注目超実力派女性ボーカリスト、藍井エイルさん。アニメの主題歌を数多く歌い、“アニソンの女王”の異名を持つ藍井さんが5月末、ニューヨークで初の単独ライブを行った。7月2日のロサンゼルスのアニメエキスポをはじめ、上海、タイ、インドネシアでのライブ出演を控えているニューヨークでのライブ直前の藍井さんに、海外でのパフォーマンスや観客の反応などについてお話を伺った。(聞き手・髙橋克明)

藍井エイル

NYで初の単独ライブ、大盛況

ニューヨークは初めてとお聞きしました。

藍井 初めてなんです! 2年くらい前から、ニューヨークには行ってみたいなって話をよくしていて。今回、アメリカ初のワンマンライブができて、しかもそれがニューヨークで、って夢が一気に叶(かな)っちゃった感じです。

すでにヨーロッパやアジアなど世界各国でライブを成功されてらっしゃっても、ニューヨークはやはり特別な感じでしょうか。

藍井 海外の最初のライブがシアトルだったんですよ。そのあとLAやサンフランシスコや、アメリカの他の都市にはお邪魔する機会は多かったんですけど、ニューヨークはまだなかったんですね。スタッフさんにも「ニューヨークは大都会で特別な場所だ」って聞いてたので、すごく楽しみにしていました。しかも、今回は「北米でもワンマンライブをやりたい」という夢も合わせて二つの夢が叶ったのでスゴくうれしいです。

昨日、今日と歩いた街並みはいかがでしたか。

藍井 飛行機の中から着陸する前に、街を見たんですけれど、街並みが碁盤の目のようにキレイに整理整頓されているのにビックリしました!その中でも高層ビルがギュッとまとまって詰まっていて、スゴく印象的でしたねー。で、昨日、今日と実際に撮影でいろいろな場所を回ったんですけれど「あー、これ飛行機から見たとこだー」みたいな感じで盛り上がってました(笑)。空の上から見た景色に、その後、実際に足を運ぶという経験が新鮮ですごく楽しかったです。

街の来られる前のイメージと、実際来られてからの印象と、違いはありましたか。

藍井 やっぱりストリートパフォーマーのクオリティーが高い! パフォーマーの方のパフォーマンスを見るのを楽しみの一つにしていたんですけれども、最初、そんなにいないのかなって思って、公園を歩いてみたら結構な数のパフォーマーの方々がいらっしゃって。しかも全員クオリティーが高くって。思わず、二度見、三度見してしまいました。(笑)

でも、ひっどいクオリティーのもたまにいます。

藍井 あはははは。私はまだ見れてないですね(笑)。そっちもぜひ、見てみたいです。

藍井エイル

ワールドツアーで世界各国回られて、国によっていろいろと反応は違いましたか。

藍井 そうですね。確かに違うといえば、違うけど…。でも、会場に来てくださるお客さんは皆さん、日本の文化だったり、日本の音楽を愛してくださる方たちなので、やりにくいと感じたことは一切ないんです。(むしろ)日本の音楽を愛してくれている人たちがここまで世界にあふれてるんだなぁってことが、実際に世界ツアーで回ってみて感じたことなので。

なるほど。

藍井 例えば、アメリカだとハイトーンボイスを使う歌だと、ライブ中でも「アメージング!!」って叫んでくれたり、そういった意味ではアメリカならではなのかなって思うけど、でも、各国で皆さん、一緒に歌ってくださいますので。どこの国も受け入れてくれる人はすごく多いです。あっ、でもフランスは印象に残ったかもしれないですね。ステージに上がって、パッと客席を見たら、みんな団扇(うちわ)を持ってくれてたんですよ。で、よく目を凝らしてみてみるとその団扇に、日本語で「結婚して!」とか「こっち見て♡」とか書かれてあったり。(笑)

日本語で?

藍井 そう! それは初めての経験でしたね〜。

ある意味、日本以上に盛り上がってくれますよね。

藍井 いろんな国に行って、日本もきっと独特なんだろうなぁと感じたんですけど、例えば、初めて披露する曲だと、最初は当然、みんなバラバラのノリ方なんですね。でも、楽曲を何度も何度も歌っていくうちに、だんだんノリ方が形になって決まっていくんですよ。ライブを重ねるうちに曲が成長していく。日本ではそれをよく感じますね。

ここまで世界に受け入れられた要因に日本のアニメ文化の浸透率もあると思うのですが、今後もアニメはワールドワイドに展開されていくと思われますか。

藍井 昔、日本ではやったアニメ作品が、今になってアメリカの方がコスプレをして盛り上がっているのを見ると、これからも日本のアニメって絶えず時代に関係なく、愛されて続けていくんだろうなって思います。私はアニメの主題歌でデビューさせてもらったんんですけれど、私自身、小さいころからアニメを見て育つ環境でしたので、自分の人生において、アニメって本当に大きな存在なんですね。歌手になって、日本だけでなく、世界で歌わせていただくようになって、それは子供のころから考えると、正直、想像できなかった未来ではあるんですけれど、自分にとって大切なアニメというものが、世界でどんどん大きく広がっていくのはすごくうれしいし、その中で、アニメの歌を届けるという大きな役割を担えるのはとても幸せなことだなって思います。本当に幸せですね。なので、これからも今まで歌ってきた楽曲を、これから生まれてくる楽曲たちを、世界にできる限り精一杯届けることができたらなって思います。

数時間後には、いよいよライブです。どんなライブにされたいですか。

藍井 今回、ワンマンなので、もちろん藍井エイルの代表曲は歌いますし、それ以外のアルバム曲も披露させていただきますので、それも含めて楽しんでほしいなって思います。あとは、実際にニューヨークに来てみてこんな気持ちだよっていうのを、つたない英語ではあるんですが、歌と一緒に言葉でも届けることができたらなって思います。

最後に、ニューヨーク在住の日本人読者にメッセージをお願いします。

藍井 次回は本当にパワフルなバンドも引き連れて、またニューヨークにお邪魔したいなと思っているので、その時は遊びに来てください♪

 

ライブ後にファンと記念撮影をする藍井エイル=5月25日、ニューヨーク(提供写真)

ライブ後にファンと記念撮影をする藍井エイル=5月25日、ニューヨーク(提供写真)

 

★インタビューの舞台裏★ → ameblo.jp/matenrounikki/entry-12179723229.html

 

藍井エイル(あおい・えいる) 職業:歌手
11月30日生まれ。北海道札幌市出身。AB型。2011年10月、シングル「MEMORIA」メジャーデビュー。自身のFacebookページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。今年7月からMBS/TBS系全国28局ネットにて放送スタートするテレビアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」のオープニングテーマを担当することも発表。圧巻の歌唱力と、クールビューティーなビジュアルを武器に、今、最も勢いに乗る要注目超実力派女性ボーカリスト。
公式サイト:www.aoieir.com

 

〈ライブ情報〉

「Eir Aoi 5th Anniversary Special Live 2016 at 日本武道館」
日時:2016年11月4日(金)OPEN:18:00、START:19:00
2016年11月5日(土)OPEN:16:00、START:17:00
一般発売:9月17日(土) チケット代:6200円(税込み)
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION、03-5720-9999

 

〈リリース情報〉

13th Single 「翼」
(MBS/TBS系テレビアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」オープニングテーマ)
2016年7月20日発売
【初回盤:CD+DVD】SECL-1940〜1941 1500円(税込み)
【通常盤:CD】SECL-1942 1300円(税込み)
【アニメ盤:CD】 SECL-1943 1400円(税込み)

〈収録曲〉
M1.翼
M2.CARRY OUT
M3.深い森
M4.翼(Instrumental)
※M4.アニメ盤にはTV size ver.を収録

(2016年7月9日号掲載)


最新インタビュー 前田敦子

この作品を通じて「身近な人」の大切さを感じてほしい 「ガチ!」BOUT. 238     出演作品『モヒカン故郷に帰る』がジャパン・ソサエティーで開催中の映画祭「第10回JAPAN CUTS!~ジャパ […...

インタビュー 綾野剛(2)

この作品は今後の役者人生において〝最高の敵〟になる 「ガチ!」BOUT. 237   主演映画「日本で一番悪い奴ら(Twisted Justice)」(白石和彌監督)がニューヨーク・アジア映画祭(NYAFF)の […...

インタビュー 岩井俊二

映画監督になると決めた時こそが〝最大の挑戦〟だった 「ガチ!」BOUT. 236   新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」、公開から20年の「スワロウテイル」、代表作の一つ「リリイ・シュシュのすべて」の3作品が […...

インタビュー 布袋寅泰(2)

僕のインストルメントはギターに興味がない人も楽しませます! 「ガチ!」BOUT. 235     アーティスト活動35周年を迎えた布袋寅泰さんが今月15日、ニューヨークのハイライン・ボールルームでライ […...

インタビュー 藍井エイル

今までの曲とこれから生まれる曲を世界に精一杯届けたい 「ガチ!」BOUT. 234     圧巻の歌唱力と、クールビューティーなビジュアルを武器に、今、最も勢いに乗る要注目超実力派女性ボーカリスト、藍 […...

インタビュー デヴィ・スカルノ(2)

やっぱりアメリカの政治はどこより面白いわね 「ガチ!」BOUT. 233     インドネシア元大統領夫人で、現在は活動基点を日本に置き、「デヴィ夫人」の愛称で親しまれているデヴィ・スカルノさん。ニュ […...

インタビュー KEI(2)

育児放棄された子供たちに自分と同じ目に遭ってほしくない 「ガチ!」BOUT. 232     ヤクザ業界でトップに立ち、カリフォルニアの刑務所で服役中チカーノ(メキシコ系ギャング)のボスになった男は1 […...

インタビュー 和央ようか

宝塚のメンバーだからこそ作れる世界もある 「ガチ!」BOUT. 231     現在、ブロードウェイでロングラン上演中の「シカゴ(CHICAGO)」の宝塚版が7月20日から24日まで、リンカーンセンタ […...

インタビュー HAN-KUN

今、音楽を作ったり、歌ったりがスゲー楽しくて 「ガチ!」BOUT. 230     人気レゲエグループ「湘南乃風」メーンボーカルであり、ソロとしても活動するHAN-KUN。現在、自身の音楽に磨きをかけ […...

インタビュー 曙 太郎

ファイターである限りは死ぬまで挑戦したい 「ガチ!」BOUT. 229     90年代を代表する大相撲力士の一人、曙。1988年に初土俵を踏み、すさまじいスピードで番付を上げ、初の外国人横綱にまで登 […...