もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 03月 29日

“スーツ”について その26

021934

グレーのスーツについてお話しておりますと、今でも“ドブネズミ”とか“ドブネズミ色のスーツ”などと言われる方がおられます。グレーのスーツは没個性でつまらないとも。ビジネスの世界では控えめ、かつ知的に目立つのがいいのでは、と考え、その意味でもグレーのスーツは適していると言えるのですが…。

“ドブネズミ”、昭和30年代後半の“流行語”で、スーツをきちんと装うこと気を遣わず、考えもせず、毎日ただ仕事着としてスーツを着用している、一見無個性に見える当時のサラリーマン諸氏を揶揄(やゆ)した言葉と認識いたしております。

実は昭和38年に「ドブネズミ色の街」というタイトルのNHKドラマがあり、当時の高度経済成長下の日本、私が子供の頃は近所にまだドブとかドブ川と呼ばれる川があったんですね。この後、多くの公害問題が時代の負の側面として起きていくのですが。

40代前半より若い皆さんは、ドブ川を見たことのない方がほとんどであろうかと。実は“丼鼠”と書いて“どぶねずみ”と読ませる色の呼称は江戸時代中ごろからあり、中間より濃いグレーを意味したそうですが、昭和の経済成長期における“ドブネズミ色”とは、灰色グレーではなく、何色かハッキリしないが“濃く汚い色合い”のを意味していたようなのです。子供のころの記憶では、ドブ川は確かに黒でも茶でも灰色でもなく、そうした色合いをゴチャ混ぜにした複雑怪奇な色合いでした(苦笑)。

加えて1948(昭和23)年から続く雑誌『暮しの手帳』で、NHKのドラマとほぼ同時期に、名物編集長であられた花森安治さんが“ドブネズミ色のスーツ”と言い出した、という話を聞いたことがあります。やはり花森さんもグレーではなく、冴えない汚い色という意味での“ドブネズミ色”であったようです。“ドブネズミ”、決して良い響きではありませんが、当時の日本経済を支える“サラリーマン”の呼称の他、“企業戦士”なる勇ましい言葉も使われ、身なりを気にせず働く彼らをリスペクトする意味もあったのでした。それではまた。

32523_120089421361491_100000813015286_106219_7322351_n〈プロフィル〉 ケン青木(けん・あおき) ニューヨークに21年在住。日系アパレルメーカーの米国法人代表取締役を経て、現在、注文服をベースにしたコンサルティングを行っている。日本にも年4回出張。

過去の一覧


〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第61回

レストラン起業 あせらずに経営数字も考えて マンハッタンでレストラン起業を考えているという相談はどんどん増えています。最近では独特の雰囲気やアイデアを重視した居酒屋やカフェといった形態で出店しようとする傾向が見られます。 […...

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第125回

“スーツ”について その26 グレーのスーツについてお話しておりますと、今でも“ドブネズミ”とか“ドブネズミ色のスーツ”などと言われる方がおられます。グレーのスーツは没個性でつまらないとも。ビジネスの世界では控えめ、かつ […...

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第123回

“スーツ”について その24 ビジネススーツ、実はグレーと紺。紺とグレーではないのです(笑)。これは紺ではなく、昼間のビジネス用スーツはグレーこそがその本質なのであり、中心となのだという意味。特にヨーロッパ大陸では、昼間 […...

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第60回

パートナーシップの魅力 自営と比較すると資本投資集めやすい 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 新年が始まりました。新しいビジネスを考えて起業を目指している方も多いと思います。ビジネスの […...

〈コラム〉タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第71回

不動産業界の世界にも広がる現状 クレジットカードで家賃支払いをする必要がありますか? 公共料金や食料雑貨購入や授業料やローンの支払いまで、今日のデジタル時代に人々は請求書に対して電子支払いとオンライン支払いをますます利用 […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人五絆財団会長 川野作織(4)

「窮地」は誰にとっても必要なもの (12月10日号からの続き) クウェート侵攻による未曾有の危機は極限まで事業縮小することで乗り切りましたが、売り上げが以前の35%から40%にまで落ちたことで、苦しい経営が続きます。50 […...

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第122回

“スーツ”について その23 スーツは西洋生まれの西洋育ち、そして私たち日本人は東洋人。極めてザックリした言い方ですが、そういうことで間違いはなく、であるならば、きちんと西洋について最低限のことは知っておこうというのが僕 […...

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第59回[L]

人件費は確実に上昇、今後の対策を マンハッタンにはたくさんの日系企業がありますが、なかでもレストランのサーバーはチップ制が多いために、最低時給レートを支給されているところが多いと思います。ただし、マンハッタンは客単価が高 […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人五絆財団会長 川野作織(3)

イラク・クウェート侵攻で訪れた最大の危機 (11月26日号からの続き) 1982年に私はKORINをスタートさせました。88年7月に娘が生まれ、公私ともども幸せの絶頂。日本もアメリカもバブルで景気も良かったのです。出産に […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人五絆財団会長 川野作織(2)

食器を売り始めてからのこと (7月9日号からの続き)ウエートレスをしながらチップをため、半年かけて2000ドルを作りました。これを日本に送って、有田焼を5カートン購入。これを手で持ってマンハッタンをぐるぐる行商して歩くわ […...