もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 06月 24日

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第61回

レストラン起業 あせらずに経営数字も考えて マンハッタンでレストラン起業を考えているという相談はどんどん増えています。最近では独特の雰囲気やアイデアを重視した居酒屋やカフェといった形態で出店しようとす

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第125回

“スーツ”について その26 グレーのスーツについてお話しておりますと、今でも“ドブネズミ”とか“ドブネズミ色のスーツ”などと言われる方がおられます。グレーのスーツは没個性でつまらないとも。ビジネスの

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第123回

“スーツ”について その24 ビジネススーツ、実はグレーと紺。紺とグレーではないのです(笑)。これは紺ではなく、昼間のビジネス用スーツはグレーこそがその本質なのであり、中心となのだという意味。特にヨー

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第60回

パートナーシップの魅力 自営と比較すると資本投資集めやすい 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 新年が始まりました。新しいビジネスを考えて起業を目指している方も多いと

〈コラム〉タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第71回

不動産業界の世界にも広がる現状 クレジットカードで家賃支払いをする必要がありますか? 公共料金や食料雑貨購入や授業料やローンの支払いまで、今日のデジタル時代に人々は請求書に対して電子支払いとオンライン
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(4)

「窮地」は誰にとっても必要なもの (12月10日号からの続き) クウェート侵攻による未曾有の危機は極限まで事業縮小することで乗り切りましたが、売り上げが以前の35%から40%にまで落ちたことで、苦しい

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第122回

“スーツ”について その23 スーツは西洋生まれの西洋育ち、そして私たち日本人は東洋人。極めてザックリした言い方ですが、そういうことで間違いはなく、であるならば、きちんと西洋について最低限のことは知っ

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第59回[L]

人件費は確実に上昇、今後の対策を マンハッタンにはたくさんの日系企業がありますが、なかでもレストランのサーバーはチップ制が多いために、最低時給レートを支給されているところが多いと思います。ただし、マン
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(3)

イラク・クウェート侵攻で訪れた最大の危機 (11月26日号からの続き) 1982年に私はKORINをスタートさせました。88年7月に娘が生まれ、公私ともども幸せの絶頂。日本もアメリカもバブルで景気も良
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(2)

食器を売り始めてからのこと (7月9日号からの続き)ウエートレスをしながらチップをため、半年かけて2000ドルを作りました。これを日本に送って、有田焼を5カートン購入。これを手で持ってマンハッタンをぐ

〈コラム〉ニューヨーカーの引っ越し事情から読み解く

家賃に収入が追いつかない現状反映 タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第70回 まるでDNAに組み込まれているかのようにニューヨーカーは頻繁に引っ越しを繰り返します。ニューヨーカーの70%は賃貸

〈コラム〉レントレギュレーション

「内装控除」で家賃アップが可能 タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第69回 ニューヨークに住んでいると驚くほどの安い家賃で賃貸している人を見掛けることがあると思います。 これはレントレギュレー

〈コラム〉NYエリアの不動産取引における弁護士費用について

常に事前の費用確認が必要 タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第68回 ニューヨークエリアでの不動産取引に入る前に売買契約に必須な弁護士の費用を買い主、売り主ともに事前に知っておくことは大切なこ

〈コラム〉アパート入居後にトラブルが発生した場合

担当ブローカーに相談できることも タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第67回 入居後に電気系や、水まわり等のトラブルが発生した場合は、まずスーパーさん(管理人)に連絡して対処してもらいましょう

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第113回

“スーツ”について その14 毎度ながら「服のことで、よくそんなに書くことあるね」と聞かれますが、紳士服の話に終わりはありません(笑)。アダムとイブ以来、人間の歴史の長さと同じに紳士服の歴史はあり、そ

〈コラム〉大学生のCost of Livingについて

エリアの賃料で決めるのが賢い選択 タイチ不動産「不動産と住まい事情あれこれ」第66回 日本や州外のお客さまからニューヨークの大学入学に際しての住居のご相談が増えています。米国では大学のAdmissio

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第54回

ニューヨークシティでレストランを開く ライセンスなどは事前に細かく調査しておこう ニューヨーク、特にマンハッタンでレストランを開く相談が急増しています。当たり前かもしれませんが、アメリカでは日本とは違

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第112回

“スーツ”について その13 前回(6月25日号掲載)はズボン・プレッサーがこちらではほとんど見掛ない、売り場にも見あたらない商品だと申し上げました。理由の一つが、日本とは異なるフィロソフィーによる洋
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(1)

ニューヨークに出てきたころ〜 この街で食器を売り始めるまで 子供の頃から海外へ渡るのが夢でしたが、教育実習で教育の素晴らしさに気づいて教員に路線変更。母校で1年働いたのち、まだまだ自分の人格形成ができ

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第111回

“スーツ”について その12 引き続きスラックスについてです。私たち日本人が洋服が立体であることをあまり理解をしていない証明となるかもしれないお話です。スーツと言えば上着に目や気持ちが行きがちかもしれ

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第53回

長期的なゴールを見据えた行動 目先の利益だけを考えると思わぬ落とし穴 「どうすれば良い会社をつくれますか?」と経営者の方に相談をされることがよくあります。経営者にとって良い会社とは具体的にはどのような

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第110回

“スーツ”について その11 スーツの上着について書いてまいりました。前回(5月28日号掲載)はスーツ作製の際、私たち日本人にあまりどころか全くなじみがあるとは言えない、洋服の本質であり、実はこれを理

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第109回

“スーツ”について その10 表現はちょっと難しいのですが、いい洋服とは見た目小さく、着てみるとゆったり、逆にそうでない服は見た目ゆったり、でも着てみると小さい、とよく言われます。理由があります。安価

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第108回

“スーツ”について その9 背広またはスーツと呼ばれる男性用衣類の起こりと文化の成り立ちは、何度か申し上げております通り、近代の英国にて発祥、そして欧米全域へと広まっていったのですが、きっかけは産業革

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第52回

イメージの大切さ 成功のイメージが具体的になればゴールに推進 今年のニューヨークは暖冬で終わり、5月に入り、とても過ごしやすい季節になりました。いろいろやる気が出てきている方たちも多いと思います。私も

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第107回

“スーツ”について その8 スーツの上着と前身頃のボタンについて話を重ねておりますが、もう少しお話してまいりましょう。 今、日本において紳士服はかなりピッタリした、小さめのフィットの服が多くなっており

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第106回

“スーツ”について その7 上着のボタンが取れやすいのは必ずしも全てが縫製の悪いことが理由ではないetc.といった言い訳がましいことを前回(3月26日号掲載)書きました(笑)。洋服のボタンを留める糸は

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第51回

マンハッタンの飲食店経営 差別化が進んでいく時代に突入 マンハッタンにはたくさんの飲食店があります。一番多いのは中華料理店、2番目にイタリアンレストラン、そして3番目に日本食レストランと、ここでも日本

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第105回

“スーツ”について その6 前回(3月12日号掲載)は、縫製の良し悪しとはどういうことで、何が価値判断の基準なのか、彼我の考え方の差について少しだけ触れました。今回もまた少しご説明を加えていきたく思い

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第104回

“スーツ”について その5 紳士物スーツの上着、ジャケットも含めたテーラードの上着全般について、日ごろよく耳にいたします「縫製の良し悪し」について少し考えてみたいと思います。 こちらでは「縫製が良い」