もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 12月 15日

「ヌーブラ」大きな試練も勉強に

社員には「売り上げにこだわるよりも、人間を売ってこい」

IMG_7830―粘着性のある素材を使い、通常のブラジャーにあるストラップやベルト、ホックといった要素をほぼ全て取り除いたことで「下着革命」とも言われるヌーブラを販売しているゴールドフラッグ社社長平久保氏にお話を伺った。
―「ヌーブラ」がヒットした理由は?
平久保社長 一番のポイントはやっぱり「楽」。アンダーを締め付けないし、肩がこらないんです。楽で、尚かつどんな洋服も選ばないんですよ。胸にペトッと張り付けて、ホックを止めることで胸を寄せることができ、すごく自然な感じで胸が起き上がる。軽くて、服に響かない。後ろが空いたもの、横が空いたもの何でも着ることができます。だから、ヌーブラによって、日本のファッションはガラッと変わったと思いますね。あと洗濯も楽ですしね。旅行にもこれ1本で大丈夫です。また、雑貨感覚で買える下着であるということも理由のひとつだと思います。日本ではソニープラザなど雑貨関係のお店でも置いておりますので、下着ショップに行く必要がなく、男性でも恥ずかしくなく買っていただくことができるのです。ヌーブラは日本では「下着革命」、つまり新たな21世紀の発明としてテレビの特別番組で取り上げられるほどにまでなりまして、今ではもう必需品として「老若男女」の「男」を除いて、みなさんつけていただけるようになっており、ヌーブラを知らない人がいないくらい成長しました。
―日本では御社を通さないとヌーブラは購入できないのですか?
もちろん。権利を獲得するのにとても努力いたしました。本拠地であるブラジェル社はシリコンを専門で作っている会社だったのですが、それを何かブラジャーとして使えないかと7年かけて一生懸命開発してできたのがこのヌーブラだったのです。当時は出たばかりで、これが本当に売れるかわからない状態だったのですが、それを見つけた弊社のNYスタッフが、これはすごく売れるかもしれないと6、7年前に日本に送ってきたのが(日本に紹介する)きっかけです。
―その時の最初の感覚はいかがでしたか?
当時は、モールドカップの全盛期で、モールドカップ自体を弊社でもずっと研究しておりました。そういった「見せる」ランジェリー感覚もありながらしっかり補正するという2つの要素をもつ下着を研究し続けていて、なかなかうまくできなくて悩んでいたところ、このヌーブラがやってきたんですよ。本当に稲妻のように、考え続けていたものの答えが突然やってきたようだったので、これに社運をかけて全力投球しようと思いましたね。
―現在の売り上げは?
ずっと上り調子です。今はずいぶん落ち着いていますが、年間30万本ずつ売れている状況です。偽物も出てきていますが、やっぱりブラジェル社が作っているものはクオリティーがファーストクラスです。リサイクルシリコンなどのまがい物は一切入っていないので、本当に純度がおそろしく高いシリコンです。医療用でも使われているくらいですからね。
―この5年間で一番苦労したことは?
何でもそうですけど、メガヒットというのはそれなりに大きく、光と影があるんです。見えない所の方の作業が本当に大変。色々な点でもめましたね。普通緩やかに上がっていけば、いろんな問題がさっと解けるのですが、急に上がるといろんなトラブルが出てきてそれを埋めないといけないんですよね。大きな試練がいくつもありましたが、すごくいい勉強になりましたよね。
―社長の経営方針、一番社員に伝えていることはなんですか?
手配り、気配り、心配り。とにかく気が利かないとダメね。結局、自分のことばっかり考えてその相手のことを考えて行動しない。人が今何を欲しているのかを察していくくらい余裕をもっていかないとね。今はものすごく市場原理主義といいますか、生産者中心主義というかプロダクティビティまたは効率化が一番になっていますが、これ以上要らないものを作っていくより、今一番大切なのは何かを考えて、人間として気持ちの通い合いみたいなものを弊社では大切にしていきたい。「売り上げにこだわるよりも、人間を売ってこい」と社員には言っています。自分が世の中に何か還元できるように、提案できるように、自分の存在自体を認めてもらえるような存在になってこいと言っています。そうするとね結果は、自然に付いてくると思うのです。
◇ ◇ ◇
〈プロフィル〉平久保晃世(ひらくぼ あきよ) 1959年大阪市出身。短大卒業後、米国留学。帰国後、大阪・ミナミのランジェリー、ファンデーション店「リップル」に勤め、直ぐにカリスマフィッターとして店長に。91年、レディースファンデーション企画製造、輸入卸、販売会社「ゴールドフラッグ株式会社」を設立。2003年2月、ヌーブラを日本総代理店として販売。爆発的な売り上げを続けている。現在50人の社員を持ち、直営店を海外を含め7店舗出店。夫は米国在住の大学教授で自身も米国永住権を持つ。10歳の双子男児の母でもある。
(2008年9月19日号掲載)


JAAグランド・バザー

ニューヨーク日系人会にて開催 ニューヨーク日系人会(JAA)では、この時期恒例の「グランド・バサー」を11月4日(土)、同会会館で開催する。 「クリスマスに最適な手芸クラブの作品や掘り出し物、おいしいカレーライス、ちらし […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(8)

たくさん行動するのは子どもの頃から 子どものころ、あだなが「いそがなくっちゃ」でした(笑)。子どもなのに、すごく忙しかったからです。最初の習い事がピアノと絵。5年生で子ども演劇の養成所に入って、その頃から将来海外で役立つ […...

日常や仕事で使えるテクニックを伝授

特別セミナー「本物のコミュ力を身につける―世界で「勝てる」スピーチの達人になろう!―ブレイクスルー白熱教室」   国際舞台におけるスピーチ力・プレゼン力を磨くサポートをする、スピーチコーチングサービス「ブレイク […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(7)

思考のリハーサル そのとおりにやれば大丈夫 ふと思いついたアイデアを考えて、考えて、考え抜いていくことを、私は「思考のリハーサル」と呼んでいます。それを繰り返していると、そのうちまるで「本番」が来たように感じる瞬間が来ま […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(6)

アイデアを思いつくのは一人で好きなだけ考える時間があるときだけ 今、2ブロック先に新しいオフィスを作っています。この計画、実は今年1月、スイスのスキーリゾートで急に思いついたのが始まりです。 新しいアイデアを閃くのは大抵 […...

台湾企業が国際ブランドのピカソ・グループとタッグ

“一帯一路”投資の波に参加   7月31日付の人民日報海外版「台灣海外網」によると、中国が提唱した対外的に一層開放し、アジア、中東、欧州にまたがる各国と多方面的に協力し合うシルクロード経済圏構想「一帯一路(On […...

NYSE上場企業・東証一部上場企業での実績を基にアドバイス

米国でビジネスを行う個人と企業を支える「Sgc Tax Consulting Office」 税理・税務・会計から経営計画の提案まで 総合的な経営上のアドバイスやビジネスフローも行う 「Sgc Tax Consultin […...
kawano

〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(5)

自分が考えつくことは全て実現可能考えられる範囲を広げれば夢の大きさが変わってくる 私の心の中にはいつも、母の言葉があります。「自分が考えつくことは全て実現可能。だから、自分を成長させて、自分が考えられる範囲を広げることが […...

海外で暮らす日本人に代わってスペシャリストが遺産整理をサポート

NYで直接会って説明可能 グランアシスト行政書士事務所   海外在住者が、現地にいながらにして、日本の遺産相続の手続きができるようサポートを行う「グランアシスト」(本社:東京都港区青山2丁目、所長:石川良典氏) […...
島田弥生

〈タックスリターンの季節到来〉公認会計士:島田弥生さん

法人・個人のビジネスと人生設計を会計のプロとして知識と提案力で支える 中小企業・自営業・フリーランサーのビジネスについて豊富な経験と提案力を持つ会計士の島田弥生さん。法人・個人のビジネスや人生設計を、会計のプロとして支え […...