もっとディープなニューヨーク情報

logo

2017年 08月 22日

人にまつわる仕事、異業種も手掛け5_Mr.Nakagawa

総合旅行会社で一つのものにとらわれず米国の情報発信

「アムネット」。アメニティー(快適さ)を提供するネットワークを目指し、名付けられた同社は、在米者や日本から来る人への旅の手配を行う総合旅行会社として、その人情味あふれたなサービスでリピーターを増やし続けているほか、進出企業やイベント開催における現地視察のコーディネートなども手掛け、さまざまな形で米国の情報を発信している。一つのものにとらわれず、常に新しいアイデアを探求し続ける同社中川扶二夫社長にお話を伺った。
◇ ◇ ◇
―アムネットを設立された経緯を教えてください。
中川社長 ここニューヨークにアムネットを設立したのは1988年8月。30歳になる目前のことです。「米国人と結婚したい」という夢をかなえるべく、大学時代に留学したのですが、就職のためにいったん帰国しました。その時再び海外に行くことを自分自身に誓い、日本の旅行会社に就職したのです。添乗員としてさまざまな国を訪問し、さらに転職先では、ハワイ支店の支店長を任されるなど、待望の海外生活も経験しました。しかし、日本本社の業績悪化に伴い帰国となりました。そこでの業績回復に尽力した後、ついに長年の夢を実現するため渡米、そして起業をする決意をしました。  起業したばかりのころは苦労も多かったですよ。安全な立地をと5番街にオフィスを借りたのですが、当然、家賃は高く、ダイレクトメール(DM)や無料配布のイエローページ(職業別電話帳)を積み上げ、椅子と机代わりにしたことを思い出します。もちろん携帯電話もありませんから、仕事の電話は、もっぱら公衆電話から掛けていました。故障している電話機も多い上、並ぶこともしばしば。相手が不在の場合はまた並んで掛け直したりと苦労の連続でした。後に電話付きのオフィスに移った時には、電話のありがたさが身に染みましたね。それも含め、留学時代のつらかったアルバイト経験、そして人の3倍努力することを知ったハワイ駐在など、起業に至るまでの全ての経験が、今の自分の血となり肉となっているのだと思います。
―旅行業以外にもさまざまな業種を展開しておられますが。
中川社長 旅以外にも、いろんな形で快適さを提供していきたいと考えたからです。これまでの米国生活を振り返り、また、この先の人生において一番大切なものは何かを考えた時、それは自分の社員であり、育て支えてくれた周りの人たち、つまり“人”だと気付いたのです。「人にまつわる仕事をしよう」。そう思い、人材派遣会社アクタス・コンサルティングを作りました。その後、旅行、人材というサービス業だけでなく、自らの手で何か形になるものを残したいとの思いから、シカゴでアングルプレイスという出版社を立ち上げました。
異業種へのチャレンジは9・11(同時)テロ事件がきっかけでもありました。テロの影響はすさまじく、それまでに得た売り上げ、貯金の全てを使い果たしました。「もし再びテロが起こったとき、一つの業種だけでは継続できない」。リスクヘッジのためにも異業種を手掛けることにしたのです。
―今後の夢、目標は。
中川社長 社員の平均給料、そして社員の満足度全米ナンバーワンかな。私は、トップに立つ者だけが高給を得るのではなく、社員もみな平等に給料を得るべきだと考えています。まずは売り上げを伸ばし、それに見合った給料を社員たちに提示したい。そうすると社員のモチベーションも上がりますよね。そうやってアムネットで働くことで幸せを感じる社員を増やしていきたいのです。
そしてもう一つ、いつか飲食店をやりたいですね。インターネットなど仮想のものが流行する現代において、飲食業はある意味時代に逆行しているかもしれませんが、それも面白いなと。具体的な構想はまだ秘密ですが、やるからには全米一、いや世界一を目指します。(笑)

なかがわ ふじお 1958年、広島県生まれ。大学時代にサンフランシスコへ留学。帰国後、日本の旅行会社に就職し、ハワイ支店長なども務める。1988年8月、ニューヨーク・マンハッタンにアムネット・ニューヨーク・インクを設立。現在はボストン、シカゴ、マイアミ、ロサンゼルス、コスタメサ、ハワイ、東京、大阪に支店を展開。常に新しいことへチャレンジし続け、異業種へも果敢に進出。趣味は、ゴルフや映画鑑賞など。

(「WEEKLY Biz」2011年1月8日号掲載)


日本人向け医療プログラム

メンタルヘルスセミナー ホリーネームメディカルセンター内マリアンホールで25日(日)、日本人を対象としたメンタルヘルスセミナーが開催される。 Mount Sinai Beth Israel/Edgewater Famil […...

NYSE上場企業・東証一部上場企業での実績を基にアドバイス

米国でビジネスを行う個人と企業を支える「Sgc Tax Consulting Office」 税理・税務・会計から経営計画の提案まで 総合的な経営上のアドバイスやビジネスフローも行う 「Sgc Tax Consultin […...

6月のエクセル講座、受講者募集

コンピューター教室の「Villagewell LLC」 ニューヨークでビジネスに必須なスキルから応用・実践スキルまでを学べるコンピューター教室の「Villagewell LLC」では6月、「エクセル講座」を行う。 入門( […...

海外で暮らす日本人に代わってスペシャリストが遺産整理をサポート

NYで直接会って説明可能 グランアシスト行政書士事務所   海外在住者が、現地にいながらにして、日本の遺産相続の手続きができるようサポートを行う「グランアシスト」(本社:東京都港区青山2丁目、所長:石川良典氏) […...
島田弥生

〈タックスリターンの季節到来〉公認会計士:島田弥生さん

法人・個人のビジネスと人生設計を会計のプロとして知識と提案力で支える 中小企業・自営業・フリーランサーのビジネスについて豊富な経験と提案力を持つ会計士の島田弥生さん。法人・個人のビジネスや人生設計を、会計のプロとして支え […...

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第61回

レストラン起業 あせらずに経営数字も考えて マンハッタンでレストラン起業を考えているという相談はどんどん増えています。最近では独特の雰囲気やアイデアを重視した居酒屋やカフェといった形態で出店しようとする傾向が見られます。 […...

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第125回

“スーツ”について その26 グレーのスーツについてお話しておりますと、今でも“ドブネズミ”とか“ドブネズミ色のスーツ”などと言われる方がおられます。グレーのスーツは没個性でつまらないとも。ビジネスの世界では控えめ、かつ […...

SW Law Group, P.C. 「アメリカ移民法ビザセミナー」 テキサス州ダラスで開催

トランプ大統領新政権下において米国移民法に新たに起こりうる変化、在日米国大使館での新たな動向やL―1ブランケットビザ・EビザTDY申請の現状、また米国―メキシコ間を行き来する上でのビザ問題など、SW Law Group, […...

〈コラム〉ケン青木の新・男は外見 第123回

“スーツ”について その24 ビジネススーツ、実はグレーと紺。紺とグレーではないのです(笑)。これは紺ではなく、昼間のビジネス用スーツはグレーこそがその本質なのであり、中心となのだという意味。特にヨーロッパ大陸では、昼間 […...

〈コラム〉「永野・森田公認会計士事務所 日下武」ビジネスのツボ 第60回

パートナーシップの魅力 自営と比較すると資本投資集めやすい 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 新年が始まりました。新しいビジネスを考えて起業を目指している方も多いと思います。ビジネスの […...